英会話と民族性

英会話と民族性

英会話を上手くなる方法について考えて見ましょう。

 

 

 

貴方が今までに中学や高校で英語の基礎教育は受けているとします。

 

学校での英語の基本的な教育は決して間違っておりませんが、非英語圏の他の国々と比較して「英会話」についての日本人のレベルは高くはありません。

 

何故その様な現象が起きるのかは定かではありませんが、決して学校教育が悪いのでは有りません。

 

 

様々な理由が考えられますが、一つには日本語の持つ言語の特徴が英語と大きく異なっていることがあります。

 

日本語の発音はむしろ韓国語やイタリア語などに近い特徴を持っております。

 

英語の発音を聞き取るヒアリング能力や、英語を発音する発声に日本語が向いていないことが大きく影響しています。

 

 

 

むしろ中国の広東語やフィリピンのタガログ語の方が英語の発音やイントネーションに向いているので自然にヒアリングで聞き取る能力が備わっています。

 

また、島国という日本人独特の内向的な正確も大きく影響しています。

 

 

 

日本の伝統的な「控えめ」や「出過ぎない」という自己表現に対する考え方も影響しているかも知れません。

 

しかし、近年になってテレビなどの影響から、特に若い年齢層の日本人も自己表現に対しておおきく変化してきました。

 

お笑い番組やバラエティー番組を見ても日本人も恥じらいを忘れて、人前で平気で自己表現ができる時代になって来ました。

 

 

 

人前で失敗することも恐れずにチョット恥ずかしいことにも平気でチャレンジする若者はこれから英語を学ぶのに有利な感性になっています。